仮想通貨は今から買っても?東京五輪に向けて投資はアリ?ナシ

スタッフ日誌
TheDigitalArtist / Pixabay
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

※投資は余剰資金などで自己責任で行なってください。過剰な投資はおススメできません。なお仮想通貨は利益に対しての税金がかかるのでその辺のリスクも考慮した上で行ないましょう。

まもなく東京五輪が近くなりましたね。今年でいよいよ平成は終わり、新しい元号に切り変わろうという時期ですが、果たしてどんな元号になるのか、今からワクワクしますねー!

【仮想通貨事件-仮想通貨が大変だった事件-】

そんな、平成の後半一躍世間を賑わせたとある投資があったのは覚えていますか??

今でもチラホラCMなどでは見かけますが、世間を賑わせたあの頃よりは随分と耳にしなくなりました。

そう、アレです”仮想通貨”です!!

 

仮想通貨というと、ものすごくいいイメージを持たれる方とその名前を二度と聞きたくも無いって方の2極に分かれるかも知れませんが(名前は知ってるけど、意味不明って方もいるかも知れませんが。。)

仮想通貨を凄く簡潔に紹介すると、現金ではなくネット通貨のようにデータ上で高度な取り引きがスピーディにできる新しいお金です。

イメージ的には現在でよう使われている、Suicaとかのような電子マネー的な物です。電子マネー的なものとはいえ、現時点ではまだまだ実用ではほとんど使われていないのが現状ではあります。

そもそも仮想通貨が生まれたのは、もう数10年も前の事で、ネット上や世間でも極々一部の情報通ぐらいしか知らないものでした。

ビットコインが生まれた当時の2009年は1ビットコインの値段は0.9円ほどで1ビットコインを買うことができたのです。

その時に多数保有していたら間違いなく億万長者でしたね(爆笑)

それが2017年ごろからネット上でざわつき始め、ピークに達したのが2018年ごろで、世間認知度もかなり高いものになりました。

その頃には1ビットコインが100万円程までにはなっていました。

ブームがあったころは仮想通貨を買ってれば持ってれば、ドンドンドンドン値上がりをして、数分の間だけでもかなりの利益になるぐらい激しい値上がりをしていました。

とにかくお祭り状態でとりあえず参加しちゃえーー!!って感じでいろんな方々が仮想通貨に乗っかっていました。

そんな仮想通貨ブームがあんなことになるとは。。誰が予想したでしょうか。。

【まさか、ビットコインが大変なことに。】

仮想通貨の代表的な通貨でもある(ビットコイン)で言うと、最高が1ビットコイン200万円以上もの値段をつけていました。

多くの人が仮想通貨は儲かるってイメージでどんどん買うので、値段は上がる一方だったのですが。。。

とある事件が起こりビットコイン200万円時代は終わりを告げることになります。。

【コインチェックのネム流出。大暴落で大損の大事件】

それがネム流出事件です。

仮想通貨にはビットコイン以外にもいろんな通貨が存在しているのですが、その中の1つのネムという通貨が凄腕ハッカーによって流出したのです。

しかも攻撃されたのが、多くの人が使っている仮想通貨取引所である”コインチェック”という取引所がハッキングされた事で多くの方が流出の被害に遭う事になったのです。

これをきっかけとして仮想通貨はどんどん値下がりを迎えます。。

そんな大事件から仮想通貨の信用はドンドン落ちていき、現在2019年に突入してのビットコインの価格はなんと。。。。

1ビットコイン 200万円→37万円弱

ここまで値下がりしてしまいました。。

上がり続けた通貨の価値はもうピーク時の約6分の1になってしまったのです。。

【安い今だから東京五輪に向けてアリかも知れない??】

そんな仮想通貨は今では社会的にはあんまり信用がないと思われがちですが、そもそも仮想通貨自体は実際に実用的には使われていないのです。

ここまでマイナスな事件を取り上げましたが、実際にはほぼ使われていない決済である仮想通貨はまだまだ発展途上な物なのです。

そんな今だからこそ逆に現在の値段の下がった仮想通貨は買い時なのかも知れません。

今ならピークの時6分の1で1ビットコインを買うことができるのです!

私一個人の意見ではありますが、仮想通貨が大きな動きがあると予想しているのが、世界的な大イベントでもある2020年の東京五輪です!!

2020年の東京五輪が開催される時には、仮想通貨自体にもなんらかの動きがあるかと思います。オリンピックは多くのお金が動くので、仮想通貨のような便利な決済方法には非常に価値が出でくるのではないかと予想できます。

あくまで予測ではありますが、下がった今こそ仮想通貨を始めてみるのも、一つの投機なのかも知れません。

あの一度は地に落ちた仮想通貨が東京五輪の頃にはまた復活を迎える可能性は充分にあるかとは思います。

あくまで1つの投機として、2020年の東京五輪に向けて仮想通貨の購入を検討してみるのも面白いかも知れませんね!!

※仮想通貨はあくまで余剰資金や投資によるリスクをふまえて、利益に対しての税金などの問題もあるので自己責任で行いましょう。