この人凄い!若手実業家の竹花貴騎さんをご存知ですか?

スタッフ日誌
JillWellington / Pixabay
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

昨日は風が強すぎて若干睡眠不足です。
大分からはけっこう離れた台風9号でこの強さですから10号が直撃したら…マジでヤバいです。
朝起きたら会社の前の自販機のゴミ箱がどっか行ってました!!
おぉーい!どこ行った??

10号がもし直撃する方向に進んでいったら外のもの全部中に入れたり対応しないと、きっと大変なことになると思います。
暴風域に入る地域の皆様、まだ時間はあるので台風対策を今のうちにしておきましょう!

ここ最近、家族全員で生活習慣を変えて約1カ月が経ちました。
生活習慣と言うか、毎日6時に起きて筋トレやヨガをして体を動かしシャワーを浴びて
朝ごはんを食べます。
これはもちろん休みの日も、必ず毎日やっています。

絶対に三日坊主になるだろうな…と思っていたら、なんだかんだ1カ月以上経っていました!!
それも子供たちまで。

まさかここまで継続できるとは皆んな思ってもいませんでしたが続いています。

このきっかけはある方のYouTubeを拝見してからなんです。

それが竹花貴騎さんです。

View this post on Instagram

先週イタリアから帰国して、今週はまた上海で投資家会議に出席✈️Lilyちゃんは生後初飛行機。上海は留学してた国だけど、今は見違えるほど色々変わった。 . . 日本のテレビで政治家の公務中セクシーヨガ報道だのくだらないニュースばかりやってる間に、アジア含め世界はどんどん動く。昔フィリピンで駐在員やってた時に現地の友人が「日本人のお手伝いさんは本当に礼儀正しくよく働いてくれてるよ」って言ってたけど、日本人が出稼ぎに行く日って実はもう来てる。それに気づいてないのが99% . . 日本は世界の0.2%。残り99.8%で今期は仲間と挑戦しよう!

A post shared by 竹花貴騎【校長先生】 (@takaki_takehana) on

皆さんご存知ですか?

27歳という若さで「Google」「SMS」「リクールト」と輝かしい経歴をもっていて、24歳の時に企業し、今では世界6各国に320名以上の社員をもつ会社のCEOとなっている若き成功者です。

まだ若いのにかなりの努力家で成功して当然だなと思う人物です。


どぎつい言葉も吐きますが、悔しくなるほどの努力家で一生懸命生きているのが伝わってきます。

この若さで結婚もされていて、子供さんも3人いるそうです。

View this post on Instagram

久しぶりの更新😹‼︎ 今日は次女のLilyちゃんの1歳の誕生日会を東京のお家でやりました。 . . 家族は去年終わりにハワイの学校を卒業して、年始から湘南の家でゆっくりしたあと、今月末からはタイにあるCambridgeの姉妹校に入学するみたい。俺も会社のアジア展開に向けて最近は香港や中国に出張続きで、日本でも色んな事が重なって大変すぎたけど、それでもWill、Lani、Lilyの成長ぶりを見ると自分も頑張らないとなと毎回思い知らされるわー😹 . #ペントハウス #ワールドシティタワーズ #1歳誕生日 #子供留学

A post shared by 竹花貴騎【校長先生】 (@takaki_takehana) on

そして何より家族をとても大切にされているのがとても素敵です。

まだ最近知ったばかりなのに、どんどん魅了されてリスペクトせずにいられない感じなんです。
ビジネスの観点も子育ての考え方も、とても共感できて自分は何をしているんだろう…。
負けてられね〜!!みたいな感情を沸々と湧き上がらせてくれました。

そこから私たちも何か行動し、目指すものや夢があるなら人以上の努力と継続が必要だと改めて考えさせられ、この生活が始まりました。

最初は無理をして頑張っていたのが、今ではやっと習慣になりつつあります。
しかし人間、継続をするのって本当に難しいですよね。

私は結構毎日が自分との戦いです。笑
しかも最近また体調が悪く、私に関しては筋トレやジョギングはご法度。
ヨガや瞑想をメインに頭だけでも起こそうと必死です。

最後に竹花さんの言葉で心に刺さったものを抜粋させてもらいます。
本気で夢を追う人や成功を信じている方の背中を押してくれるかもしれません。

「朝3時間早起きすれば物理的生産可能時間で計算して月に12日間、年間約5か月、10年で4.5年分他の人より自分の時間ができる。4.5年あれば半年に1つ失敗できるとして10回は失敗できる。10回失敗できれば1回は成功する。だから早起きするやつが成功する。家でテレビ見てとか、二度寝してとか、そのダラダラを自制できない人とは仕事をしたくないし全く可能性を感じない。絶対投資の対象外。だって逆に言うと前述者の3倍成功までのスピードが遅いから。」

イチローやジョブズ、孫さんやビルゲイツ、マイケルジョーダンを例に挙げ、“今日くらいは、なんてない。彼らの足元には及ばない。勝っているものはまだない。ただ唯一同じことは俺は毎日継続できる人だということだ。

成功を夢見るやつばかりだけど本当に成功するやつは、みんなが夢見てる間に夢から覚めて、毎日早起きして努力しとるわ。毎日やる。休日なんてない。今日くらいいいや、とかない。毎日。毎日。毎日。

「ワークライフバランスと起業を混ぜて言ってる時点でマジ乙。成功したいのかダラダラしたいのかどっちやねん。家にテレビがある時点で成功しないよ。何がワークライフバランスだし。成功したいなら腹くくれし。」

「街で新卒を見る時期。(この文章の投稿日は2019/04/19です)俺も5年前は何もできないカスだった。とにかく会社で一番使えない人間だった。教えてください、とか言うと、は?みたいな顔された。そりゃあそう。アウトプットするからお金をもらえてるんだから。会社は学校じゃない。だから仕事を21:00に終わらせて、学校に通った。21:20から毎晩40分毎日授業。そのあとはオンラインコースで課題を深夜1:00まで。朝しか自分の時間がないから毎朝6:00から9:00までデザイン、マーケティング、ライティング、もうすべて学んだ。下積み時代だと思って週末なんて20歳から気にしたことがない。数個年上の仲間はインドや中国からヘッドハンティングされた天才たち。あのテレビでよく見る瞬算するやつら。22歳で数千万円なんてざら。マジで悔しかった。自分が一番カスだったから。でも、マジでその環境が大事だった。自分より頭が良くて、金持ってて、嫌みなやつがいる環境は絶対に逃げちゃダメ。その環境はすごいラッキー。石の上にも3年なんて、本気を出せば3か月でできる。」

もちろん成功することや、夢を追いかけることだけが幸せだとは思いません。
公務員や大手企業で安定した生活を求める方が大半だと思います。

皆んなが皆んな竹花さんのような思考をもつと世の中大変なことになりますしね!笑

ただ大手企業でも突然倒産するこの世の中で、夢を描き成功を目指す人間がいることも確かです。
そして成功を手にした人間がいるのも確かなことです。

そしてこの成功している人たちに共通するのは自分のために頑張っているわけではなく、誰かを幸せにするため人のために頑張っているということです。

人間自分のためになんてそうそう頑張れません。
ハイブランドのバッグや服を手に入れても嬉しいのはその時だけ。
それより誰かの喜ぶ顔を見るほうがずっと幸せです。

20歳も年下の竹花さんですが、生きてきた年数なんて全く関係なく少しでも近づけるようにできることから努力していくことを心に、今日も自分のできることを頑張ろうと思います。