台風10号対策で学んだ窓ガラスのマスキング方法

便利グッズ
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

皆さん先日の台風10号の被害はありませんでしたか??

過去例年に比較してもかなりの大型で危険な台風だったので、ニュースやマスコミでも取り上げられて、事前の対策を行いましょうというアナウンスがされてました。

私自身も今回の台風にはしっかり対策をしておこうということで、言われていた対策を行って台風に備えました。

ニュースなどでは

・水道が止まった時のための水をお風呂に貯めておく

・停電対策のために懐中電灯を用意しておく

・インスタント食品などの保存食料の備蓄

・車中泊に備えてのガソリンを満タンにしておく

と言ったような備えを事前に行いました。

そして、もう一つが

・窓ガラスが割れる可能性があるのでマスキングをしておく

ということで、ちょうど自宅にマスキングテープがあったのでそちらで窓ガラスの保護を行いました。

⭐️窓ガラスのマスキング方法⭐️

今回のように窓ガラスのマスキングをするというのを過去にしたことがなかったので、どんな風にマスキングしたらいいのかネットで調べた所このようなマスキング方法が書いてあったので参考にマスキングを行いました。

台風で窓が割れそうなときに簡単にできる対策3つ
台風がくると雨や風が強くなりますが、そのときに気になるのが「窓」 強い風できしむことがあり、割れないか心配にな…

どんなサイトにも共通して書かれていたのが、米印にマスキングするということでした。

この意味はマスキングを米印の形にすることで、中心部の強度を上げることができることとガラス窓が飛散した時に均等に散らばらないようにする為に米印の形にするのが良いということがわかりました。

今回の台風によって窓をマスキングする方法を1つ学べたのは今後に生かせる良いことだなぁと思いました。

※台風などの直前にはお店のマスキングテープがかなりの確率で品切れになります(今回の台風でも店頭のマスキングテープは全て売り切れてました)このような災害に対しての備えのためにも、普段からマスキングテープの備蓄をしておくことは有効な災害対策かと思います。

今回は、当日の夜から物凄い激しい風がゴオゴオと鳴り響いていて、木造建築の家なのでかなりミシミシ音がしてかなり激しい台風の風なのだと実感しました。

ガラス戸が割れるということはありませんでしたが、備えていたことにより安心して台風直撃を迎えることができました。

今回場所によっては被害が出て大変という方も多いかと思います。

台風などの災害に備えて常日頃からの備蓄や対策方法などを確認して学んでおくことも大事なのだと思います!!

まだまだ台風が発生する危険があるとメディアでも言われています。
皆さんも今後いつでも災害が起きても、行動できるようにしっかりと対策をしておきましょう!!