マイナポイント選ぶならどれがお得??確実に得するおススメ業者はどれ選ぶべき?

エンタメ
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

先日、マイナポイント還元が始まる記事を書かせていただきましたが

マイナンバーカードは作成されましたか??

まだ通知カードしか持ってないって言うまだの方は、本記事等を参考にまずはマイナンバーカードの申し込みをされてみてはどうでしょうか??

マイナポイント準備編/マイナポイントを貰うにはどうするのか??
マイナポイント制度がいよいよスタートしますねー!!最近キャッシュレスのPayPayやファミリーマートのバーコード決済ファミペイ、WAON、メルペイなどのキャッシュレス払いなどが当たり前に利用されるようになりました。そんな中で政府...

 

そんなお得な要素が満載のマイナポイント制度ですが、さらにお得に還元を受けるにはマイナポイントと結びつけをする業者(どのカードやキャッシュレス)にするかをうまく選択することで、本来の2万円分の5000円還元に上乗せしてさらにおまけの還元を受け取ることができます。

せっかくもらえる特典なので、損をしない選択をするのがいいかと思いますよ( 一一)

 

マイナポイントで選べるのは??

 

マイナポイントで結びつけをできるものは、かなりの数あります。

「マイナポイント」どれ選ぶ? PayPay・Suica・WAON、還元額に大差 各社まとめ - Engadget 日本版
1人あたり5000円を配布する「マイナポイント」の申込受付が7月1日に始まりました。8月31日までは準備期間との位置づけで、還元は9月からはじまります。ここでは、国による5000円の還元に加え、還元の上乗せを実施している事業者をまとめました。

各社マイナポイント利用者獲得のために、さまざまな上乗せキャンペーンが開催されています。

同じ還元制度でも、選択する業者によってもらえる特典が異なるので、今回は私がおススメできるマイナポイント業者を紹介します。

WAON

WAONは今回のマイナポイントキャンペーンの中でも群を抜いて確実にお得なキャンペーンだと思います。

<マイナポイント事業>トップ | 電子マネー WAON [ワオン] 公式サイト
マイナポイント事業のトップページです。

WAONに2万円分チャージすると5000ポイントの還元(これは共通)に加えて2000WAONが確実にもらえるので2万円分に対して、7000円分のボーナスを受け取ることができます。

最近WAONは使える提携店も豊富なので、今後キャッシュレスで利用するのにも最適だと思いますし、近所にイオン系列のお店がある方は、WAONを選択されるのはありかと思います!!

 

■WAON:最大で2,000WAONを付与

マイナポイントでWAONを登録のうえ、WAONにチャージすると、マイナポイント分とは別にチャージ額の10%(2,000円相当が上限)のWAONが付与されます。つまり、マイナポイントの上限となる5,000円相当還元(2万円チャージ)を受けると、同時に2,000円相当が上乗せされます。対象のチャージは、現金、クレジットカードなどで、手持ちの「WAONポイント」を用いてのWAONへのチャージ(ポイントチャージ)は対象外となっています。

https://kakakumag.com/money/?id=15632

 

あと注意しておきたいのが、チャージは9月から対象になります↓

対象のチャージは2020年9月から
Suicaと同じく、WAONもマイナポイントへの登録はすでにスタートしているものの、マイナポイント分、およびキャンペーン分の対象となるチャージは、2020年9月1日~2021年3月31日となっています。それ以前のチャージは対象外なのでご注意ください。

 

イオンカード

こちらはクレジットカードでイオンカードを普段利用される方なら、かなりお得かと思います。

イオンカード、マイナポイント登録で2,000円プラス。合計7,000円に
イオン銀行は、「イオンカード」および「イオン銀行CASH+DEBITカード」にて、総務省のマイナポイント事業に参加、7月24日からマイナポイントへの申し込み受付を開始する。

こちらはチャージではなくキャンペーン中に利用した分に対してのボーナスになりますが、WAONと同じく最大7000円分のボーナスを受け取ることが可能です。

イオンカード(イオン銀行):最大で2,000WAONを付与
イオン銀行も2020年7月22日にマイナポイント事業への参加を明らかにし、あわせて上乗せキャンペーンも発表されました。対象となるのはイオン銀行が発行する「イオンカード」(クレジットカード)と、「イオン銀行キャッシュ+デビット」(デビット機能付きのキャッシュカード)です。このいずれかのカードでマイナポイントに登録し、期間内に利用すると、利用金額の25%分(上限5,000円分)のWAONが付与されます。また、キャンペーン分として、カードの利用金額の10%、最大2,000円相当のWAONが付与されます。

 

SUICA

対象となるキャッシュレス決済サービス詳細 | マイナポイント事業
マイナポイント事業サイトの「対象となるキャッシュレス決済サービス詳細」のページです。

 

還元方法が少し制限があり、対象にするには少し面倒な点もありますがコンビニなどでのID払いとの相性も良く、電車通勤や都会に住まれてる方には活用の機会が多いSUICAなので今後の利用も考えると選択肢としてはありかと思います。

JR東日本のSuicaも、国による5000円還元とは別にJREポイントを1000円上乗せして、計6000円を還元します。Suicaは交通系電子マネーとして全国で利用できるため、有力な連携先と言えます。

なお、還元を受けるには、事前にJREポイントに申し込む必要があるほか、Suicaは残高の上限が2万円に設定されており、既に残高がある場合は2回以上にわけてチャージする必要があります。なお、還元はチャージした月の翌月上旬以降に付与します。

「マイナポイント」どれ選ぶ? PayPay・Suica・WAON、還元額に大差 各社まとめ - Engadget 日本版
1人あたり5000円を配布する「マイナポイント」の申込受付が7月1日に始まりました。8月31日までは準備期間との位置づけで、還元は9月からはじまります。ここでは、国による5000円の還元に加え、還元の上乗せを実施している事業者をまとめました。

 

楽天系列

最後にもう一つおススメできるのが楽天PAYや楽天カードなどの楽天系列のクレカかキャッシュレスです。

こちらはクレジットで楽天カードを利用されている方なら、楽天ポイントの還元が受けられるので使い勝手が非常に良いかと思います。

楽天カードでマイナポイント最大5,000ポイントプレゼント!|楽天カード
マイナンバーカードを発行&マイナポイントのお申し込みをし、楽天カードをご利用いただくと最大5,000ポイントプレゼント!

今後マイナポイントと並行してキャッシュレスのメインで楽天系を利用する可能性が高い方は、個人的には楽天系を選択されるのが良いかと思います。

マイナポイントで29%付与*!上限5,800ポイントプレゼント - 楽天ペイアプリ
楽天ペイ(アプリ決済)でマイナポイントをお申し込みいただき、全国の加盟店でコード・QR払いをご利用いただくと、楽天ポイントを29%付与*、上限5,800ポイントプレゼント!2020年9月1日から2021年3月31日まで

 

上記以外にもおすすめはペイペイ

上記で紹介した以外にも私が個人的に良いと思うのがペイペイですね!!

マイナポイントペイペイジャンボ - PayPay
マイナポイントにPayPayを登録すると抽選で1等100万円が当たる!マイナポイントペイペイジャンボ開催中!

ペイペイ(PayPay)は最近使える加盟店もかなり多くなっており、何よりも大手コンビニ3社すべてにおいて利用することが可能なキャッシュレスです。

還元キャンペーン段階では、抽選形式で当たらないと基本の5000円分しかもらえないのはあま今り良いとは言えませんが、今後のキャッシュレスの利用においては非常に使えるキャッシュレスサービスだと思います。

様々な特典が各社異なるので、しっかり吟味したうえで今回のマイナポイント還元をうまく利用されてみてください!!