コロナで自粛モードだけどこんなところなら〜大分編〜

お出かけ
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

この夏コロナの影響で夏休みも短く、お出かけするのも怖いからお家で過ごした方も多いのではないでしょうか。

しかし子供たちにせめて夏の思い出を…と親は考えますよね〜。

我が家もお墓掃除とお墓参り以外は出かけてなかったので、お盆の最終日に近場で密にならない場所を探し求め、行ってきました求菩提山!!

コロナが蔓延している世の中ですが、空も山も川もいつもの夏の美しさでした。
それでは田舎の素晴らしさを御覧ください!!

求菩提山ってどこにあるの?

求菩提山(くぼてさん)は、福岡県豊前市求菩提と築上郡築上町寒田の境界に位置する筑紫山地に属する標高782メートルの山です。
麓の豊前市のシンボル的な山であり、かつては英彦山、犬ヶ岳と共に修験道の山だったそうです。

求菩堤山には鴉天狗の伝説が伝えられていて、豊前市のマスコットキャラクターである「くぼてん」はカラス天狗にちなんだマスコットキャラクターなんですよ♪

今年初めて子供たちを連れて行ってみました。
見てくださいこの景色!

真っ青な夏の空に真っ白の雲、緑の木々がとても映えます。


田舎ならではの手作りの看板や不思議な標識、和みますよね〜。

さーて川に到着。
近くに無料の駐車場もありトイレもあります。
ここからは少〜しだけ歩きますが、大した距離ではありません。

もうひとつ、川のすぐそばに駐車場がありますが、ここは結構込み合う感じです。
荷物がある場合はやはりこちらの駐車場の方が楽ですもんね。


こちらは浅い場所です。小さなお子様がいらっしゃる方はこの辺で遊ぶのが安全でいいかもしれません。
とにかく水がきれいで冷たい!!
そして考えることは皆んな同じ。商業施設やプールに行けない代わりに近場のきれいな川に集まりますよね〜。

結構人多いし!!


もう少し下流に行くと少し深くなっていて小学生のお腹くらいから肩くらいの深さです。
そこそこガチで泳げます!うちの子供たち岩から岩まで必死に泳ぎロッククライミングのように岩に登っていました。
多少危険な場所もありますが親が目を離さなければ大丈夫でした。
これが前日雨だったりすると、水も濁ったり水かさも増すかもしれません。

子供が大きくなると親は一緒に入らなくなるので、何度か来たことのある方たち?は木の陰にシートやテントを設置して涼しく快適に過ごしていました。

私たちは何の準備もしていってなかったから岩の階段に座ってたら帰る頃にはお尻が痛くて痛くて…。

まだまだ残暑が厳しそうなので、もし行かれる方はレジャーシートやテント、浮き輪やゴムボートなど用意していくことをおすすめします。
個人的には折りたたみの椅子を持っていけばよかった〜と後悔しました!!

※ちなみに自販機はありますが、近くにコンビニはありませんのでご注意ください。