【原発性アルドステロン症と私】闘病記②

スタッフ日誌
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

先日の続きです。
9月5日(木)医大初めての受診。

自宅から高速で約1時間半をかけて主人と行ってきました。

かかりつけ医の先生から患者さんが多いと思いますので早めに行ったほうがよいですよ!と言われていたので、この日は早めに家を出て8時半には受付を済ませることができました。

この病院は院内にスタバもあり、スタバ内にはそれぞれの科の診察番号が出るモニターが設置されているので、PCで仕事をしながらフラペチーノを飲みながらリラックスして待つこともできまるのが嬉しい♪

それからしばらくして2F内科へ。
さすが大病院!人の数も半端ないし広くて迷子になりそうです。

順番を待っていると、看護師さんから呼ばれ、血圧・熱・身長体重を測りバタバタしていたら、比較的早く順番が回ってきて、いざ診察室へ。

先生とは今の症状や、今後どんなふうにして病名をみつけていくか等を話し、それでは早めに白黒つけましょう。

検査のための入院はいつにしましょうか?
と、気持ちがいいほどトントン拍子に進んでいきました。

先生すかさず病棟に連絡を取り、「(ベット)いつ空いてる?来週いける?」と確認し、じゃあ来週で!となり、はっきりした日にちは今週中に事務の方から電話にて知らせます。
それまでの間は重たいものを持たない、スポーツや激しい動き、大きい声をださないなど安静に過ごして下さい。
で終了。

それから1階の受付の個室にて、入院説明とアセスメントシート?結構めんどくさい細かい質問を受け、会計をして終了。

結局この日は何もせず。

主治医の先生はせっかちだけど(笑)
的確で、聞きたいことにも丁寧に答えてくれるし、きちんと話や説明ができる先生で安心しました。

あとは先生に任せるしかないね。
そう言いながら帰りました。

さて来週から検査入院がスタートします。
NETで色々検索して不安になるより、毎日を一生懸命生きて楽しもう♪

病気の詳細などは次回の検査入院記事に詳しく書きますね!!