【北朝鮮】もし弾道ミサイルが落下したら?

スタッフ日誌
スポンサーリンク

本日もご訪問、ありがとうございます。

 

最近テレビでもよく耳にすると思いますが、北朝鮮からの弾道ミサイル。

明日25日は朝鮮人民軍創建記念日。
それに合わせて弾道ミサイル発射や核実験を強行する可能性もあるということで、政府からも国民にむけてメルマガで注意喚起がありました。

もし北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したら、私たちは一体どうすればいいのでしょうか。

ミサイル発射されてから約7分で日本に到着すると言われています。

Jアラート(全国瞬時警報システム)が鳴るまでが約4分。残り3分でどのような対応をすればいいのか。

 

屋外にいた場合は、すぐに近くの頑丈な建物や地下街に避難をするよう呼びかけています。

学校やビルなど、屋内にいた場合は窓から離れるなど
『身を守るためにとるべき行動』が詳しく書かれているので、一度は確認をしておいたほうがいいと思います。なお、メルマガでのミサイル警戒情報の発信はこれが初めてとのこと。

内閣官房国民保護ポータルサイト

 

周り田んぼだらけの田舎には近くに頑丈な建物や地下街なんてないし、もし着弾するのが昼間だったら家族バラバラで子供達を迎えに行く時間さえないと思うと本当に恐ろしいです。

 

ほとんどの国民がいつもと同じ明日が来ることが当たり前で、今までも大丈夫だったんだから今回も大丈夫!そんな気持ちだと思います。それほど日本は平和な国なんだと改めて感じました。

しかし過去の戦争やテロ、災害を経験した方々は必ずいつもと同じ明日が来るわけではないことを、誰よりも知っていると思います。

 

この話を家族でしている時に、小2の末っ子が「なんで大人なのにいつまでも喧嘩をするの?おかしい!!話し合いをするか、国の1番偉い人が2人で喧嘩して決着をつければいいのに。」と…

 

北朝鮮がミサイルを発射したら、アメリカは黙っていないでしょう。戦争を引き起こすかもしれません。

 

暫くの間は常にテレビやラジオで情報をキャッチしておいたほうが良いと考えます。

 

本当は、こんな大人たちの姿を子供に見せるのは悲しいので、平和的に解決してくれるのを願うばかりです。