2019年の花粉情報!早めの対策を!!

マスクをメガネとティッシュ 健康・美容
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

毎年やってくる花粉の季節。

今年は2月中旬から飛散し始めるようです。

花粉症の人たちにとっては、なんとも耐え難い季節です・・・。

2月中旬に九州や四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートするでしょう。

日本気象協会

2019年春のスギ花粉の飛散開始は、東日本と西日本で例年より遅くなるでしょう。
スギ花粉は、飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月中旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

日本気象協会

ほんと、2月〜5月のGW頃までの、スギからヒノキ花粉が辛いのなんのって・・・。

2019年も花粉飛散は多い?

毎年「今年は花粉飛散が多い」と聞いているような気がしますが・・・

その年の花粉が多いか少ないかは、前年の6月〜8月の夏の気象条件で大きく左右されます。

〈翌春に花粉が多いと予測される前年夏の気象条件〉

  • 気温が高い
  • 日照時間が多い
  • 雨が少ない

となっています。

去年の夏はすんごい猛暑でしたよね。たしか・・・

日照時間も長かったような・・・

雨も少なかったような・・・

などを踏まえて2019年の花粉飛散予測はどうでしょうか?

日本気象協会での発表(例年比)は以下のようです。

  • 北海道は例年を下回る
  • 東北から近畿でやや多い
  • 中国地方では多い
  • 四国は例年並み
  • 九州は例年並みか多い

花粉の飛散量は例年より多いが、広い範囲で去年と同じくらいか少なめの予測です。

全国的に去年(2018年)の花粉飛散が多かったため、去年に比べると今年は若干少ない地域が多いようです。

ちなみに去年は、東京でヒノキ花粉が過去10年で最も多く飛散した年でもあり、ヒノキ花粉の飛散量が多いことが特徴でした。

今年はヒノキの花芽の育ち具合が去年ほどではないとの調査結果があり、日本気象協会では、ヒノキ花粉の飛散量は去年より少ないと予測しています。

とはいっても、花粉対策はしっかりしないといけないですね。

2019年花粉のピークはいつ?

■スギ花粉のピーク

  • 福岡:2月下旬〜3月上旬
  • 広島・大阪:3月上旬
  • 高松・名古屋:3月上旬〜下旬
  • 東京:3月上旬〜4月上旬
  • 金沢・仙台:3月中旬〜下旬

花粉前線も北上していってますね。
スギ花粉のピークが過ぎると、続いてヒノキ花粉がやってきます。

■ヒノキ花粉のピーク

  • 福岡:3月下旬〜4月上旬
  • 広島・大阪:4月上旬
  • 高松・名古屋・東京:4月上旬〜中旬
  • 金沢・仙台:はっきりとしたピークはない予測

となっています。

スギ花粉・ヒノキ花粉それぞれのピークは、例年と同じ頃か少し早まる予測のようです。

まとめ

いかがでしたか?

今年は、2月中旬から花粉が飛び始めるそうです。

花粉は飛散前から微量に飛び始めるので、毎年花粉症で辛い方は、今からでも花粉対策をしておいた方がいいですね。

早めの対策で、辛い時期を少しでも楽にすごしましょう。