消費税引き上げ分かりにくい。10%の対象になるものならない物

スタッフ日誌
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

2019年10月より
消費税率が 10%に引き上げられます

消費税引き上げがまもなく始まります。

 

 

みなさん心の準備はできていますでしょうか??

消費税ってそれじゃなくても高いのに。。また上がるのかって感じですが。。

消費税10%になるもの・ならないもの

消費税10パーセントになりますがすべてが10パーとなるわけではないようですね。

商品によっては軽減税率対象となり、スーパーなどの食料品関係は対象になるパターンが多いのは消費にとっては若干助かりますね!!

 

 

↓消費税10%の対象にならないもの(8%)

 

☆ 軽減税率の対象となる品目 – 国税庁

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/01.pdf

 

 

↓こちらの表が分かりやすかったので転載させてもらいました!!

 

 

外食の場合テイクアウトと中で食べる場合で率が変わってくるので少しややこしい感じがしますね。

Q:ハンバーガーショップなどはイートインとテイクアウトで税率が変わるの?

ハンバーガーショップや牛丼チェーンでは、外食として店の中で食べる(イートインする)ことも、商品を買って帰る(テイクアウトする)こともできます。外食の定義は「飲食の設備を設置した場所で行う食事の提供」です。そのため、イートインの場合は外食として扱われるので消費税率は10%ですが、テイクアウトの場合は飲食料品を買ったことになり8%で済みます。また、宅配ピザやそばの出前などは外食に該当しないため、軽減税率が適用され消費税率は8%据え置きとなります。

Q:テイクアウトの料理とアルコールのセット商品はどうなるの?

飲食店が料理とアルコールのセットをテイクアウトとして販売した場合の消費税率は、料理については8%ですが、アルコールについては10%となります。アルコールは軽減税率の対象外であるため、スーパーマーケットで買っても、外食(イートイン)で飲んでも消費税率は10%です。ただしノンアルコールビールは軽減税率が適用される飲料に該当します。そのため、テイクアウト料理とセットにした場合は、料理もノンアルコールビールも消費税率は8%になりますが、レストランなどで飲めば、「外食、イートイン」に該当するので10%になります。

出典:https://www.intage.co.jp/gallery/keigenzeiritsu/

ともあれ税率10%の対象となるものも多いので、現時点の8%の内に大きい買い物を済ませておく方が良いかもしれませんね。

消費税10%の負担を少しでも減らすためには??

この10%の税率開始に伴いドラックストアなどでは、ポイント還元制度で消費者の負担を減らす試みが行われるようですね。

ペイペイやLINEペイなどといったバーコード決済の還元キャンペーンなどを駆使しながら少しでも税率の負担を減らしていくのが賢い方法かと思います。

 

これから当たり前になっていく消費税率とうまく付き合って、ポイント還元などの制度も上手に活用していきましょう!!