ミニウォレットが大流行している理由は!?

ファッション
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

ここ最近はコンパクトなバッグが増えたせいか、財布も圧倒的にミニウォレットを持つ人が増えました。
雑誌やコラムなどでもミニウォレット・ミニ財布というワードをよく目にします。

今ではどのブランドでもミニウォレットが種類も豊富に置かれていますが、私が探しだした何年か前はまだ種類も少なく、なかなか納得のいくものがありませんでした。

というのも、とにかく身軽にしたい!!
なんなら手ぶらでスマホカバーにクレジットカード1枚と、Apple WatchにSuicaやQUICPayだけで動きたい。
そんな思いからミニウォレット探しが始まりました。

そして一番最初に買ったのはこちら↓↓


PRADAとイブ・サンローランです。

この2つは究極に薄くて、パンツのポケットやアウターのポケットに入れても邪魔にならないし、カードも結構入ってなかなかよかったけど、紙幣を折って入れなくてはならないし小銭がほぼ入らないというデメリットが…。

都会で生活するぶんにはこれで全然よかったんですけどね。

なんせ田舎はまだまだ現金のみっていうお店が多くて、自動販売機もEdyやSuicaなど使えるものはあまりない現状。
結局紙幣やおつりの小銭を入れる羽目になります。泣

そこから次々と(自分的に)改良を重ねて、たどり着いたのがこちら↓↓

BALENCIAGAのミニ ペーパー ウォレットです♪

このミニウォレットは雑誌などでもよく目にしていて、もしBALENCIAGAを買うならこれだな!!と、目はつけていましたが、実際現物をみてすぐに『これだ!!』と。
このタイプは若干形や色の違うものが沢山ありましたが、迷うことなくこれにしました。

このミニウォレットはカードが3枚入り、紙幣もたたまずに入れられるし小銭もそこそこ入るすぐれもの。
やっとたどり着いた!!

まだまだ田舎では大きな長財布を持っている人が大多数で、『かわいそうに小さい財布しか買えなかったのね…。』目線で見られているかも(笑)

今はこれで落ち着いていますが、本当はLouis Vuittonのエピの革が馴染んでいく感じが個人的には一番好きかな。
でも紙幣を二つ折りにして、たまにファスナーが当たって少し切れたりするのが難点だし…難しい。
今はこの中からその時々に合せて使っています。

こうやって使い比べてみると、やっぱり私はLouis Vuittonのエピが好きだわ!
長財布も名刺入れもエピだけど使いこむほどしっとりする感覚はキャンパス生地では味わえない。

なんかちょっといやらしかったかな(笑)
決して自慢ではありませんのであしからず。

結局なぜミニウォレットが熱いのかと言うと、都会ではキャッシュレス化しているのとバッグがサコッシュやウエストポーチとコンパクトなものが最ブームだからだと思います。

早く田舎もキャッシュレス社会になってほしいなぁ〜。