毎日〇時間の睡眠が肌を蘇らせる♡

健康・美容
スポンサーリンク

本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

桜の開花の声がちらほら聞こえてきましたね〜。

寝ても寝ても眠い毎日です。笑

 

こんにちはCです!!

春眠暁を覚えず

本日は睡眠のお話をします。

健康と美容に気をつけてる人は多いですよね。

食事には気を使っていても睡眠についてはそれほど考えていない人が多いのですが、
睡眠不足が、
実は最も肌を荒らします!!

食事よりもスキンケアよりも睡眠は肌への影響が大きいです!

考えてみると、
夜更かしをした翌日は一日中だるかったり、頭痛がしたり体調がとても悪くなります。

でも夕べの食事がインスタントラーメンだったとしても、次の日に一日中体調が悪いなどと言うことはありませんよね。

すぐに肌や体調に影響するのは、
睡眠のようです。

私たちが起きて活動している時は、
血液のほとんどが脳に集まります。
そのため肌に栄養はいきません。
眠りにつくと、血液は身体の各部へ流れ、
肌にも影響が栄養が行きわたります。

睡眠のはじめの約3時間以内に成長ホルモンが分泌され、それによって肌の奥で細胞分裂が起こります。

トータルで最低でと6時間くらいはかかるので、
睡眠が6時間きると、誰でも肌荒れしやすくなるわけです。

ところで「午後10時から午前2時の間は身体や肌にとってのゴールデンタイムだから、この時間は寝ていないといけない。」

という話がよくありますが、本当のところはどうなのでしょう。

これはサーカディアンリズムという学説に基づく話ですが、
原始時代はともかく現代社会で毎晩10時に寝ていたのでは生活が成り立ちません。

サーカーディアンリズム…人間は朝日の光を目に受けてから約14時間後に睡眠に入るための準備が脳の中で行われているという説です。

個人差はありますが、大体12時半ぐらいまでに寝るようにすればいいでしょう。

また、ベッドに入る時間が日によって違うのも体内時計を乱すのでよくありません。

成長ホルモンは、体内時計の影響を受けますので、寝る時間が違うとスムーズに分泌されなくなります

さらに成長ホルモンは睡眠のはじめの3時間の間に分泌されるため、
特にこの時間の睡眠が深くて質の良いものであることも大事です。

寝る1時間ぐらい前から部屋を暗めにするとメラトニンというホルモンが分泌されて睡眠が深くなると言われています。

今の社会難しいですが、、
寝る直前まで、テレビやスマホを見ていて、神経を刺激するのもできれば避けましょう。

大きく深呼吸を繰り返したり、
そして。
生きてれば色々ありますが、あまりネガティブなことは考えずに。

私は守護霊さんに今日1日見守ってくださったことを感謝しながら寝るようにしています。

まだこの時期は
暖かくなったり寒かったりと体調崩しやすいので、仕事や学校など無理をせず、ご自身の身体を1番に考えてお過ごしください♡