本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

福岡市中央区の九州大学六本松キャンパス跡地に福岡市科学館が開館しました!

なんと、JAXA 若田光一宇宙飛行士が福岡市科学館名誉館長に就任!!

科学館1

科学館2

↓裏から見たら、天井部分が球体になってました。プラネタリウム部分でしょうか。科学館3

しかし、すんごいのができましたね〜!!
6階まであるフロアで博物館並みに大きいです!!(科学館は3階〜6階)
→福岡市科学館の詳細はこちらから

西鉄バス・地下鉄「六本松駅」も目の前なのでとても便利です。

九州最大級のドームシアター(プラネタリウム)

以前、プラネタリウムは福岡市少年科学文化会館(2016年3月末に閉館)にありましたが、今回のプラネタリウムは規模がものすごく大きいです!!
引用元:福岡市科学館公式サイト

◆ドーム直径25m、九州最大級のドームスクリーン
◆220席のゆったりとした座席
◆ドーム全天に8K相当の高解像度映像を投映
◆床スピーカー22台による音像移動も可能な立体音響を導入

4Kテレビでも感動した私ですが、8Kなんて、すごい迫力と臨場感が味わえそうです。

にしても・・・8K?!音が動く?!?
一体どうゆう事???
と謎がたくさんですが、とにかく感動すること間違いなしですね!!

開館記念特別イベントも見逃せない!

『スペースフロンティア〜宇宙飛行士この一歩の為に〜』

人類は何故宇宙へ行くのでしょうか?その最前線で活躍する宇宙飛行士はどんな思いで宇宙に行くのでしょうか?1969年に月面に降り立った人類は、2030 年代半ばを目標に、火星への有人宇宙探査を計画しています。これまで何度も宇宙でのミッションを成し遂げてきたJAXA 若田宇宙飛行士のナビゲーションと共に、ロケットの打ち上げの瞬間から、火星到着までの壮大な旅をお楽しみください。

◆期間:10月1日(日)〜来年1月末
◆場所:6階ドームシアター
◆料金:個人/大人500円、高校生/300円、小・中学生/200円、未就学児無料
◆上映時間:約45分
◆詳細はこちらから

 

『宇宙なひと 〜つながり、時空を超えて〜』

宇宙開発の最前線を紹介し、さまざまな分野の「宇宙なひと」の役割が学べる展示です。JAXA提供の精巧なレプリカ宇宙服や宇宙食のほか、NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星無人探知機「キュリオシティ」の実物大模型(全長3m)や南極で採取された隕石等を展示。宇宙飛行士のISSから撮影した「宇宙から見た福岡・九州」なども4K映像で紹介します。

◆期間:10月1日(日)〜来年1月21日(日)
◆場所:3階企画展示室
◆料金:個人/大人1000円、高校生/800円、小・中学生/600円、未就学児無料
◆詳細はこちらから

 

『サカナクション グッドナイト・プラネタリウム ”夜に、触れる”』

現代の日本の音楽シーンを牽引するバンド「サカナクション」。音楽と星空を体感できる、サカナクションとのコラボレーション作品です。ドームシアター(プラネタリウム)の音響システム向けにサラウンド化したサカナクションの楽曲がドーム全体を包み込みます。最新の光学式プラネタリウム「Infinium Σ(インフィニウム シグマ)」で投映する究極の星空と、サカナクションの音楽が融合した非日常的な空間をお楽しみください。作品の ナレーションは、ボーカルの山口さんが担当。サカナクションの文学性の高い歌詞とナレーションがシームレスにつながります。

◆期間:10月1日(日)〜来年1月下旬
◆場所:6階ドームシアター
◆料金:高校生以上/1000円、小・中学生/800円、未就学児500円(座席使用)
◆上映時間:約36分
◆詳細はこちらから

その他、館内各階では色々な実験や実演も行っていて(曜日・時間帯による)、子供から大人まで一緒に楽しめそうです!
→アクティビティはこちら

『六本松421』

福岡市科学館が入る施設には、飲食店・書店・スーパー(全25店舗・施設)があります。

→店舗情報はこちらから

その他、隣の建物にもコンビニ・飲食店が多数あります。

六本松

科学館見学以外にも、お買い物・休憩やお食事にもぴったりですね♪