本日もご訪問いただき、ありがとうございます。

 

ここ数年、パソコンの売れ行きはほぼ横ばいらしいのですが、今や家庭に1台はパソコンがあるご家庭が多いんじゃないかな〜と思います。

今からパソコンを購入する方や、買い替えをお考えの方はWindowsとMacどちらのOS(基本ソフト)をお考えですか?

 

WindowsとMacのシェアの比較はWindowsが90%、Macが10%ほどの数字だと見たことがあります。

まだまだビジネスシーンや、学校ではWindowsがほとんどのようですね。

しかし都心部の街中で見かけるのは圧倒的にMacだし、映画やドラマでもMacを使っているシーンは少なくないですよね。

ビジネスユースはWindowsで、デザイン系はMacがいいと聞くので、職種にもよるんでしょうか。

 

私は断然Mac派です。

Macのいいところ(メリット)は、もちろんビジュアルがカッコイイ(持論です)

そして操作がわかりやすく、直感的に使うことができるところ。

基本的にはMacはiPhoneと同じで、アプリをダウンロードして使うのでインストールされれば、すぐに使うことができます。

そんな私がたまにWindowsを触ると、操作によるトラブルが多く、ドライバがどうとかエラーが表示されるたびに「ん??何?何?」と軽くパニックになります。

それに比べMacはトラブルが起きうる設定項目を、ユーザーに触らせないような作りになっているらしく、ほぼ初心者の私にとっては、このメリットはとても大きいところです。

 

そしてWindowsとMacの1番の差を感じるのが、ディスプレイです。

MacのRetinaディスプレイに慣れていると、Windowsのディスプレイでは物足りなくなります。

 

もちろんデメリットもあります。

高い!!まずこれが1番言いたい。

スペックが同じくらいのWindowsと比較したら高すぎる!!

そして、USBポートが少ない。

昨年新しく買ったMacBook Proに関して言えばUSB-Cポートという新しいポートに変わり、従来のUSB周辺機器を使うには変換アダプタが必要になったり、世間一般がよく言うように時代を先読みしすぎてる感も否めないような…

 

私の仕事(blogを書いたり、HP作成、写真編集)はMacで全然問題ありませんが、電工側(建築関係)では使用できるソフトウェアが少ないため、まだまだWindowsが主流のようです。

設計がメインで、デザイン面を重視しているような人はMacが多い気がしますが…

特に建築関係ではCADを使いますよね、施工図など現場サイドで使用する図面を書いているような人は、やはりWindowsが強いですね。

 

Windowsのメリットは

使用できるソフトウェアが多く、色々な種類のハードウェアがあります。

色々なメーカーがパソコンを作成しているため、安いものもあり自分の予算で決められる。

そして世界規模で見ればユーザー数が圧倒的に多いため、ネットや書籍と非常に情報が多いのがメリットだと思います。

 

しかしながら、圧倒的なユーザー数がためにウィルスやハッキングの攻撃に弱いところもあるようで…。

そして何より私みたいな初心者からすると、Macに比べまだまだ操作が簡単に理解しずらいこと。

エラーが出た時、パソコン初心者が解決するには敷居が高い!!

 

 

こうやって見ると、結局のところパソコンで何がしたいか。

それと業務用なのか、家庭用なのか、職種は何かによってチョイスすればいいってことですね。

 

まぁ〜iPhoneが使いやすいか、Androidが使いやすいかみたいなもんでしょうか!

好きなビジュアルやスペックで選ぶのが1番ってことですね。

 

偉そうに書きましたが、パソコンが敵だったのは数年前の私。

その私から、「やっぱパソコンじゃないと仕事のスピードが上がらん!」なんて言葉を出させるパソコン恐るべし!!

Macを使い始めた当初も、訳が分からずへし折ってやろうと思うこと数百回(笑)

何度折れそうになったところをチームメイトに助けられたことか…。

今ではパソコンを開くことから1日が始まります♪

 

皆さんもどうせなら大好きになれるパソコンに出会えるといいですね。

参考になる記事を書けるようになるために、私ももっともっとパソコンを触り、勉強していきたいと思っています。